女性が頭皮の良しあしで男性を見るのは20代までであり、女性も30歳を過ぎれば頭皮の良しあしではなく、見た目は不衛生ではなく清潔か、自分が生理的に受け付けられる人かを見るし、ハゲは生理的に受け付けるかどうかの判断要素にはならないので、ハゲだからモテないということは絶対にないです。大阪のAGAクリニックに勤務している友人も同じことを言っていました。ハゲでもモテる人は、それを気にせずに堂々と素のままをさらして接する人で、ハゲを気にして高いかつらをかぶる人や、無理に隠して相手に気を使わせる人や、ハゲを気にしてネガティブになる人のほうがモテないです。
男性は女性の見た目を本能的に重要視するので、ハゲの女性を嫌う傾向にありますが、30歳以降の女性は男性の見た目は二の次にするので、男性のハゲには興味を抱いていないのが本音です。ハゲはタバコを止めると進行が止まると聞きます。ハゲはしょうがないと開き直ってポジティブに思うようにするか、ハゲを増やそうとするよりも、進行を止める努力をしたほうが賢明です。

薄毛は本人が希望してなるものではありません。
ですから、薄毛やカツラの男性には、堂々と胸を張っていて欲しいと思います。
今では薄毛は病気であることも知られるようになってきました。梅田の有名なAGAクリニックの先生もよくテレビ出演されています。
薄毛について悩み落ち込む方も大勢いらっしゃると思いますが、薄毛が進行しない為に育毛剤の使用やへスタイルの研究、食事療法など様々な挑戦をしていらっしゃると思います。
そのようにして自分の髪について考えてた行動が出来るということは、自分を大切にすることができる素敵な人だと思います。
私は、自分の薄毛をチャームポイントとして笑いのネタに出来る人や、薄毛に気が付かないほど洋服のセンスがいい人を尊敬します。
薄毛だからという理由で嫌いになることもありません。
ありのままの姿が素敵だと思います。
しかし、カツラにより理想の容姿になれるのであれば、利用することに賛成です。
なぜなら、洋服やお化粧、アイプチなどと同じだと考えるからです。
オシャレをすると自分の容姿に自信が持てるようになります。
すると社交的になり、仕事の効率も上がり自分の内面も成長します。
ですから薄毛やカツラの男性には、ぜひ自分が自信を持てるスタイルを見つけて欲しいです。