色によって様々な刺激を視覚的にも、心理的にも受けることができます。これがカラーセラピーの大原則であり、基礎となる考え方になります。割とそこそこ一般的な考え方であり、例えば黄色のものを置けば金運がアップ、というのもある意味では一つのカラーセラピー的な考え方になります。そんな中、紫というのが割と力が強いとされています。要するにプラスの効果があるというのが紫になります。伊達に高貴な色扱いされているものではなく、癒し効果があるというのがこの色になります。

 

ですから、紫という色は基本的に身体によい色である、セラピーとしても最適であるとされているわけです。なかなか普段のファッションにメインとして組み込むというのは難しい色合いになってしまうのですが、それでもよい色であることは確かになりますから、カラーセラピーを意識するのであれば、これは十分にやってみる価値があるといえることでしょう。それこそが色の力なのです。